家政婦は見た!犬も食わない痴話喧嘩の実態…!

季節はもう秋ですね〜
朝晩も肌寒くなってきました!

 

ブログの更新速度が亀より遅い!

ごんきげんよう、ポケ美です( ̄∀ ̄)

 

少しテイストを変えまして。
ラブラブばかりじゃ食っていけないんだよ!な、お話をしていきたいと思います。

一緒に住んでいますと、まぁ!見えて来るわ来るわ…
嫌なところ、気になるところ…
良いところしか見えなかったあの頃は、ちょっと会えないだけで寂しかったはずなのに、今は1人の時間が一番ホッとするのであります…笑

 

寂しかった時は、早くこの恋い焦がれる感情が無くなっちゃえば楽なのに!と願うものでしょうが、いざ落ち着いてみると…

【無い物ねだり】ということでしょうか。

が、プリ男くんと私は相性が…ねぇ?

 

というわけで。
喧嘩三昧の私たちの実態を晒して現実はこうなんだよ、と切々と訴えていきたいと思います。

 

事件簿A
【洗車事件】

プリ男:車が大好きで、洗車もしっかり頑張りたい。ポケ美は車を持ってない上に、プリ男の車は運転したくないので、車を出すのは100%プリ男の仕事。
だからというのもあって、一緒に楽しく洗車
したかった。

ポケ美:職場の異動がありストレスもあった。いつも車を出してもらってはいるけれど、その日は本当に気持ちが乗らなかった。
心のどっかでは、自分の好きな車なんだし、自分ですればいいじゃんって気持ちでもあった。

と、こんな感じだったので、わたしのイヤイヤ感が表に出ていたところから、喧嘩へ
プリ男も「乗せてやってるいる」なんて小さいこと言わずに、自分が好きで乗るのなら、黙って影で頑張ればいいとも思うが
ポケ美もあからさまに嫌な感じを出してしまったし、車を出してもらって当たり前といった状態で感謝はなかった。
お互いが歩み寄れたら怒らなかった喧嘩でしょう。

 

事件簿B
【映画鑑賞事件】
映画の見方の違いで衝突。

ある映画観賞中、今のどういう意味か分かった?とプリ男に投げかけられ、ふんわりとした答えを言ったところから、捉え方が表面的だ!と文句をつけられる。
ポケ美としては、別に深かろうが浅かろうが本人が見てて面白いと思えばそれでいいと思うので文句をつけられる理由が謎である。
同じレベルで語り合いたいという気持ちからかもしれないけれど、捉え方にレベルも何もない。感性の問題である、と私は考える。

 

事件簿C
【着替え事件】
仕事が終わり、家に帰ってきてまもなく、ご飯を食べに行くことになり、わたしは仕事着のままでは出たくなかったので服を着替えた。服を着替える時間として10分程度お待たせしてしまった。
俺も着替えたいのに、自分だけ着替えてきて待たされたのが気に食わなかったのか、やたら不機嫌になられる。
なんといいますか、沸点低すぎる笑

 

事件簿D
【チャット事件】
プリ男、ネット上でチャットにハマる。
もちろん女の子とばかりだったので、わたしはとても不愉快。
幾度となくやめてくれと伝える。
少し時間はかかったが、やっとやめてくれた。というか、ポケ美は仕返しとして自分もはじめた。
意外と楽しかった←

すぐやめましたけどね。

 

事件簿E
【生ゴミ事件】
ある朝、生ゴミを棄て忘れたまま出勤したポケ美。その日は休日で、プリ男は当時の私の家に。梅雨だったこともあり、臭いが気になりプリ男が片付ける。
ありえない!とプリ男大激怒。
これはポケ美が悪いと思う。
が、プリ男の怒りっぷりには引きました。

 

事件簿F
【音信不通事件】
プリ男が仕事終わり、友達と飲み会があったらしく、結局朝まで帰ってこず、せめて連絡のひとつでもあればいいものの、なんにもなくポケ美がキレる。
酔いちくれ、友達の家で寝落ちしていたらしいが、連絡無しは無しだ!

 

あぁ…書いてるだけなのに
消化不良でも起こしそうな程、しょうもしれない喧嘩ばかりですよね…
しかし、まだまだありますよ…

 

以下、一緒に暮らしてから編。

 

事件簿G
【ズボンの裾上げ事件】
ズボンの裾上げを頼まれたポケ美。
縫って仕上げる時間まではなく、後日、裾上げテープというもので裾上げすることになったが、始めて使うということもあり、自信ないからクリーニング屋さんに頼んだ方がいいと伝えてはいたが、お願いする時間もなく裾上げしてみた。
やはり、大失敗。
このあと、喧嘩になったのは言うまでもない。わたしは、自信ないと伝えていたのに…なぁ。

 

事件簿H
【八つ当たり事件】
仕事で上手く行ってなくて、イライラしている、そのイライラをぶつけられて、一緒にイライラする。素直なプリ男は、その時のご機嫌が一瞬で分かる。
もっと、自分の中で処理しろよっっ!!

 

事件簿I
【梅干し事件】
ポケ美は梅干しが大好きで、1回の食事に3個も4個も食べてたのが、プリ男的に気に入らなかったらしく、怒られる。
塩分の摂り過ぎだとかそんな理由があれば、愛情を感じるんだけど、その辺りのことがわからないので、私の勝手じゃん!と腹を立てる、どうしようもない衝突。

 

事件簿J
【猫ちゃん預かり事件】
これは比較的、最新の争いであり、大きく2人の価値観の違いを感じることになった喧嘩でした。
子猫に対して、過保護なプリ男と放任主義のポケ美。
プリ男は猫という生き物がそもそも初めてだった上に、一緒に拾ったもう1匹の子猫の死を間近で見たこともあったからなのか、やたら過保護になっていきました。
一方のポケ美は、実家の方で母が動物愛護の団体に所属していたこともあり、何度も猫ちゃんを預かっていたので、一歩引いて彼を見ていました。
プリ男の過保護と神経質は比例するようで、神経質も2倍増しで、軍隊のような1週間でした…。

 

事件簿K
【ザル事件】
シンク下を食器やお鍋の収納場所にしているのですが、ザルの定位置もシンク下なのですが、ある日の夜、ザルがシンクの扉のひっかけにかかっておらず、それを発見したプリ男がザルがかかってない!!!と怒り出す。
大雑把なポケ美は、シンク下っていう大まかな場所に居るんだからいいじゃんって思ってて、なんで怒られるのか訳が分かりませんでした。

 

事件簿L
【ボウリング事件】
ボウリングへの情熱が違う!
徹底的にこだわるプリ男と程よく頑張るポケ美。ポケ美は、自分は自分。他人は他人。の気持ちですが、やたら隣でプリプリされて、ただボウリングを楽しみたかっただけなのに、スパルタ指導に変わっていく様に耐えられず、ご機嫌↓
一緒に頑張ろうといってマイボールを買ったから、プリ男の気持ちも分からなくはないけれど…

 

いろいろと赤裸々にお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

 

ね?

しょうもしれないでしょ?

 

 

このように、喧嘩を並べて分かることは、
喧嘩は相手が自分の中の価値観に合わないことをすることで、気持ちに違和感が生じて、生じた違和感が言葉になって喧嘩に変わることと、『〜〜だったのに。』と語尾に『〜のに…』を付けると争いを生むようです。

 

〜〜のに…
〜〜ならいいのに…
なんで?
どうして?

 

言い出したらキリがないですよね。
自分は自分。他人は他人である。
人の価値観は千差万別である。
そんなことを、心から分かっていると腹を立てたりはないのかもしれませんね。
たくさん争って、認め合って、ある意味諦めあって、いい距離感が掴めていけると信じてこれからも戦います

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 梅雨入りしたはずなのに、カラッカラに晴れていますね こんな日はインドアに限ります、ポケ美です☆ …
  2. 痒い!痒すぎる! 蚊に刺されすぎてどこが痒いのか分からなくってます。 どうも…
  3. どうも、ポケ美です、こんにちわ_(:3」z)_ 今日は、最近下ろしたての包丁で左の人差し指を切…
ページ上部へ戻る